メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  非保護左主幹部病変,特に高SYNTAXスコア 症例に対する長期成績はCABGがより良好

Circulation Journal Circulation Journal

2015. No.6の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 冠動脈病変などに基づいてPCIとCABGの適応決定が なされますが,日本人におけるエビデンスはまだ十 分とはいえません。本研究は,保護されていない左 冠動脈主幹部病変に対してはCABGが PCIに比べて優れていることを示した

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

非保護左主幹部病変,特に高SYNTAXスコア 症例に対する長期成績はCABGがより良好

CREDO-Kyoto PCI/CABGレジストリーコホート2

 2015年06月25日 14:01

 近年,薬剤溶出ステント(DES)を用いた経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の適応が非保護左主幹部病変(ULMCAD)にも拡大されつつあるが,ULMCADに対するPCIと冠動脈バイパス術(CABG)の術後5年以上の成績を比較した研究は限られている。京都大学循環器内科の塩見紘樹氏らは,初回冠血行再建術の患者登録研究であるCREDO-KyotoPCI/CABGレジストリーコホート2に登録されたULMCAD患者1,004例の長期成績を検討。その結果,PCI群はCABG群に比べてULMCAD,特に高SYNTAXスコアの患者では,術後5年間の死亡/心筋梗塞(MI)/脳卒中リスクが有意に増加したことをCircJ(2015;79:1282-1289)に報告。術後3年時点では,ULMCAD患者全体でPCIとCABGの成績は同等であった(Am J Cardiol 2012;110:924-932)が,今回,術後5年まで追跡したことで交絡因子調整後もCABG群の有意な長期予後改善効果が示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  非保護左主幹部病変,特に高SYNTAXスコア 症例に対する長期成績はCABGがより良好

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10037388 有効期限:10月末まで