メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第9回>高齢者カンファレンスの「落とし穴」に陥らない!

高齢者診療のコツとヒント 高齢者診療のコツとヒント

<第9回>高齢者カンファレンスの「落とし穴」に陥らない!

北里大学医学部総合診療医学・地域総合医療学 木村琢磨

 2016年03月18日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

症例:88歳女性

 認知機能は比較的保たれていますが,腰痛のため足腰が弱くヘルパーさんの援助で一人暮らしを続けています。ある日,本人を囲んでケアカンファレンスが開催され,遠方から参加された娘さんの提案で施設入所の方針となりました...

カンファレンスが良いケアに結び付くとは限らない

 認知機能や日常生活動作(ADL)が低下した"臨床的な高齢者"(第1回参照)に関するさまざまな臨床問題については,医師のみで解決できることは少なく,介護保険サービスにおけるケアカンファレンス(サービス担当者会議)をはじめ,本人や家族とともに,多(他)職種も含めたカンファレンスが不可欠です。カンファレンスなど集団の話し合いではメンバーの相互作用(グループダイナミクス)が生じ有用な面がありますが,その結論が必ずしも本人のより良いケアに結び付くとは限らないことに留意が必要です。カンファレンスにはさまざまなピットホールがあり,本稿では高齢者に関するカンファレンスをどう行うかについて考えます。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第9回>高齢者カンファレンスの「落とし穴」に陥らない!

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外