メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  爆発的に増えるPADへの対応を考える

ドクターズアイ 香坂俊(循環器) ドクターズアイ 香坂俊(循環器)

爆発的に増えるPADへの対応を考える

慶應義塾大学循環器内科 香坂 俊

 2018年02月08日 12:00
プッシュ通知を受取る

背景①:末梢動脈疾患(PAD)とは?

 PADは足の血管に動脈硬化が起こって、十分な血液が流れなくなることで発症します。かつてはASO(閉塞性動脈硬化症)などとも呼ばれていましたが、罹病者数が増えるにつれて「大血管の閉塞」ばかりでなく「狭窄」や「中・小血管」でも臨床的に問題になることが増えてきたことを受けてPADという用語の方がよく使われるようになってきています。 このPADですが、心臓の冠動脈と違い、下図のように足は血管が何本も末梢に向けて流れています:

・大腿動脈に対応して深大腿動脈などの細かい枝が何本かあります
・膝下ではさらに前脛骨、後脛骨、腓骨動脈の3本に分かれ、それぞれが枝を出しています

1802015_ph1.png

ですので、1本や2本閉塞したとしても心臓のようにすぐに心筋梗塞になるということはないのですが、最近はどうも患者さんの高齢化に伴い、1本が既に狭くなっていたところに、さらにもう1本も閉塞してしまうということが起こるようになり、すでに米国では55歳以上の成人の10%程度にPADがあると推計されています。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

プロ野球春季キャンプ中!今年の優勝予想チームは?(セ・リーグ編)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  爆発的に増えるPADへの対応を考える

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R02512873 有効期限:2月末まで