メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  君はムラージュを見たか、見る者を虜にする蝋製模型標本

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

君はムラージュを見たか、見る者を虜にする蝋製模型標本

日本のムラージュ 近代医学と模型技術 皮膚病・キノコ・寄生虫

 2018年06月21日 10:50
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

『日本のムラージュ』

180602_ph0.jpg

(石原あえか著、大西成明写真、B5判、168p、3,600円+税、青弓社)

 ムラージュとは、19世紀末〜20世紀半ばに世界の皮膚科教室で盛んに使われた実物大標本。患部を石膏で型取りした雄型に、蝋を流し込んで彩色した模型だ。カラースライドの普及等で役割を終え、日本ではその作成技術も途絶えた。本書は、そうしたムラージュ伝来と普及の歴史を土肥慶蔵らの事跡から明らかにし、併せて現存するムラージュを探し出して記録した6年がかりの労作だ。著者の石原あえか氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)に話を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  君はムラージュを見たか、見る者を虜にする蝋製模型標本