メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  教科書には載らないIgE架橋の真実

注目アレルギー論文 注目アレルギー論文

教科書には載らないIgE架橋の真実

帝京大学内科学講座呼吸器・アレルギー学教授 山口正雄

 2018年11月07日 06:20
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫学の教科書では、花粉症などに代表されるⅠ型アレルギー反応に関する項目には必ず、マスト細胞や好塩基球の表面免疫グロブリン(Ig)Eを架橋すると細胞が活性化されて脱顆粒やメディエータ産生が生じると書かれている。しかし、IgE架橋が常にⅠ型アレルギー反応を引き起こすとは限らないという真実を本稿で述べておきたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  教科書には載らないIgE架橋の真実

error in template: found but mtif was expected