メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  2019花粉症対策 »  花粉症座談会③SLITの対象、意義

2019花粉症対策 2019花粉症対策

花粉症座談会③SLITの対象、意義

 2019年01月11日 06:17
プッシュ通知を受取る

1812023_si006_face002.png

出席者(左から) 勝沼 俊雄 氏 東京慈恵会医科大学第三病院小児科教授
大久保 公裕 氏 日本医科大学大学院頭頸部・感覚器科学分野 教授
椿 俊和 氏 つばきこどもクリニック(千葉市)院長

 毎年花粉症に関するアンケートを実施してきたMedical Tribuneでは、昨年(2018年)も同ウェブ医師会員262人に調査を行った。調査の結果に関する考察に際しては座談会を開催。花粉症診療、舌下免疫療法(SLIT)に造詣が深い日本医科大学大学院頭頸部・感覚器科学分野教授の大久保公裕氏、東京慈恵会医科大学第三病院小児科教授の勝沼俊雄氏、つばきこどもクリニック(千葉市)院長の椿俊和氏に意見を交わしてもらった。本記事では、SLITの患者像や実施・検討理由、意義などを中心に取り上げる。(関連記事:「花粉症座談会④SLIT継続のこつは?」「花粉症座談会⑤SLITの将来展望」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  連載・特集 »  2019花粉症対策 »  花粉症座談会③SLITの対象、意義

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05517592 有効期限:5月末まで