メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  総合診療科で「飲酒量低減外来」を開設

インタビュー インタビュー

総合診療科で「飲酒量低減外来」を開設

早期治療を目指して

 2019年04月17日 16:45
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 筑波大学との連携により北茨城市民病院附属家庭医療センター(茨城県北茨城市)内に、今年(2019年)1月、「飲酒量低減外来」が開設された。アルコール依存症者を含む多量飲酒者を対象に、飲酒による心身への悪影響を減らすため、総合診療科の医師が治療に当たる。精神科以外でのアルコール専門外来の設置は国内初の試みとなるという。治療を担当する同大学病院総合診療科/同大学地域総合診療医学准教授の吉本尚氏に、専門外来立ち上げの狙いや治療ゴールなどについて聞いた。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  総合診療科で「飲酒量低減外来」を開設