メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  攻めの在宅医療 »  〈2〉心不全パンデミックを見据えて

攻めの在宅医療 攻めの在宅医療

〈2〉心不全パンデミックを見据えて

 2019年04月24日 06:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 最近、"心不全パンデミック"という言葉をよく耳にする。団塊の世代が続々と後期高齢者になる今後は、病院と在宅の線引きが明瞭ながんより、入院を繰り返しながらターミナル期に移行する心不全の方が対処し難い疾患となる。急増する医療ニーズに、地域医療システムは対応できるのか。小規模病院の生き残り策として在宅療養支援病院という方向を選んだ広瀬病院(相模原市)院長の廣瀬憲一氏は、心不全こそケアミックス病院の主戦場だと考えている。

190216_0221_p008_pho1.png

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  連載・特集 »  攻めの在宅医療 »  〈2〉心不全パンデミックを見据えて

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07518965 有効期限:7月末まで