メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  サクビトリルバルサルタンの実力

新薬の実力 新薬の実力

サクビトリルバルサルタンの実力

慢性心不全治療に新たな選択肢

 2020年10月13日 17:28
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 心不全を含む心血管疾患は、日本人の死因別死亡者数でがんに次いで多い。とりわけ高齢の心不全患者は予後不良であるため、既存の標準治療薬以外に追加あるいは単独で使用できる新薬の早期開発・承認が求められていた。そうした中、今年(2020年)8月26日にネプリライシン阻害薬とアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)バルサルタンの配合剤であるアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)サクビトリルバルサルタン(商品名エンレスト)が発売された。単剤で心臓刺激因子への作用と心保護因子への作用という2つの薬理作用を有する薬剤の登場により、慢性心不全治療に新たな選択肢が加わった。サクビトリルバルサルタンの登場の意義や有効性が期待される患者像などについて、さいたま市民医療センター病院長の百村伸一氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  新薬の実力 »  サクビトリルバルサルタンの実力

error in template: found but mtif was expected