メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  NAFLD自体がリスクなら治療戦略の変更も

解説 解説

NAFLD自体がリスクなら治療戦略の変更も

横浜市立大学肝胆膵消化器病学教室主任教授 中島淳

 2020年11月05日 05:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と死亡リスクとの関連を検討したスウェーデンの研究結果がGut(2020年10月9日オンライン版)に発表された。死亡率がNAFLDの重症度に従って上昇するのに対し、死亡リスクは軽度の脂肪肝でも上昇するという。横浜市立大学肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏に同研究について解説してもらった。同氏は「線維化の進行ではなくNAFLDそのものがリスクなら、これまでの治療戦略が変更される可能性もある」としている。(関連記事「NAFLDは軽度でも死亡リスクを上昇」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  NAFLD自体がリスクなら治療戦略の変更も