メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  感染症法改正で「検体の強制採取が可能」の本当のところ

感染症法改正で「検体の強制採取が可能」の本当のところ

 2015年08月20日 15:39

 昨年(2014年)11月,改正感染症法が臨時国会で成立。鳥インフルエンザ(H7N9)や中東呼吸器症候群(MERS)などの新興感染症の発生を受け,感染症対策のさらなる強化が図られている。中でも特に注目を集めたのが来年(2016年)4月から施行される「感染症に関する情報の収集体制の強化」で,「エボラ出血熱や新型インフルエンザなど社会に重大な影響を与える感染症が疑われる場合,患者が拒否しても検体が採取可能」などと報道された。本当のところはどうなのか。感染症対策に詳しい岡部信彦氏(川崎市健康安全研究所所長)に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  感染症法改正で「検体の強制採取が可能」の本当のところ

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10023983 有効期限:10月末まで