メニューを開く 検索 ログイン

全身性エリテマトーデスに新作用薬が承認

完全ヒト型モノクローナル抗体ベリムマブ

2017年09月28日 15:59

 グラクソ・スミスクラインは昨日(2017年9月27日)、指定難病の全身性エリテマトーデス(SLE)の治療薬として、完全ヒト型モノクローナル抗体ベリムマブ(遺伝子組み換え)が承認されたと発表した(関連記事「リウマチ性疾患の分子標的治療」)。同薬は、既存の非テロイド抗炎症薬(NSAID)や副腎皮質ステロイド薬などとは異なる新しい作用機序を有し、既存薬で効果不十分な患者に静脈投与(点滴静注用120mg、同400mg)または皮下投与(皮下注200mgオートインジェクター、同200mgシリンジ)する。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  リウマチ・膠原病 »  全身性エリテマトーデスに新作用薬が承認

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで