メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ性疾患の分子標的治療

リウマチ性疾患の分子標的治療

創薬には一進一退の様相も

 2016年12月31日 07:00

三森氏 関節リウマチ(RA)治療に生物学的製剤(Bio)が臨床導入されて10年以上が経過し、寛解を目指す治療戦略をはじめ長足の進歩が見られる。全身性エリテマトーデス(SLE)や難治性血管炎などでも、Bioの適応拡大や新規の標的分子も見いだされている()。ただし、繚乱の様相を呈するかと思われた新薬開発では、期待されたBio開発が中止となるケースも少なくなく、一進一退が続く。京都大学大学院内科学講座臨床免疫学教授の三森経世氏に、リウマチ性疾患における分子標的治療薬の開発状況を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ性疾患の分子標的治療

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506029 有効期限:10月末まで