メニューを開く 検索を開く ログイン

リウマチ性疾患の分子標的治療

創薬には一進一退の様相も

 2016年12月31日 07:00
プッシュ通知を受取る

三森氏 関節リウマチ(RA)治療に生物学的製剤(Bio)が臨床導入されて10年以上が経過し、寛解を目指す治療戦略をはじめ長足の進歩が見られる。全身性エリテマトーデス(SLE)や難治性血管炎などでも、Bioの適応拡大や新規の標的分子も見いだされている()。ただし、繚乱の様相を呈するかと思われた新薬開発では、期待されたBio開発が中止となるケースも少なくなく、一進一退が続く。京都大学大学院内科学講座臨床免疫学教授の三森経世氏に、リウマチ性疾患における分子標的治療薬の開発状況を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ性疾患の分子標的治療