メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  ロボット支援で開腹術移行率は同等

ロボット支援で開腹術移行率は同等

直腸がん腹腔鏡下手術の国際多施設RCT、ROLARR

2017年11月06日 06:00

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・University of LeedsのDavid Jayne氏らは、ロボット支援腹腔鏡下手術と従来の腹腔鏡下手術による直腸がん切除の成績を国際多施設ランダム化比較試験ROLARRで検討。その結果、開腹術への移行率や合併症の発生率に差はないことが示されたとJAMA2017; 318: 1569-1580)で発表した。(関連記事「米でロボット支援腎摘除術が増加傾向」)

Robotic vs. Laparoscopic Resection for Rectal Cancer

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  ロボット支援で開腹術移行率は同等