メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  米でロボット支援腎摘除術が増加傾向

米でロボット支援腎摘除術が増加傾向

合併症リスクは腹腔鏡下手術と同等

 2017年11月06日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Stanford UniversityのIn Gab Jeong氏らは、2003~15年の米国におけるロボット支援根治的腎摘除術の実施状況を後ろ向きコホート研究で検討した結果をJAMA2017; 318: 1561-1568)で発表した。ロボット支援手術の件数は根治的腎摘除術の約30%を占めるまでに増加し、従来の腹腔鏡下手術と比べて合併症リスクは上昇しないものの手術時間および直接医療費が増加することが示されたという。(関連記事「ロボット支援で開腹術移行率は同等」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  米でロボット支援腎摘除術が増加傾向

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12511367 有効期限:12月末まで