メニューを開く 検索 ログイン

寛骨臼形成不全と股関節痛の関連が明らかに

ROAD study

2017年11月27日 06:30

1名の医師が参考になったと回答 

 日本では寛骨臼形成不全が変形性股関節症の危険因子であるといわれているが、その因果関係を裏付ける大規模調査はほとんどなく、有病率なども推定されていない。東京大学22世紀医療センターロコモ予防学講座の飯高世子氏は、大規模コホート研究ROAD studyのデータから寛骨臼形成不全と股関節痛の関連性を検討。寛骨臼形成不全が股関節痛の有意なリスク因子であることを第35回日本骨代謝学会(7月27~29日)で報告した(関連記事「股関節OAの一因"FAI"の実態を検討」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  寛骨臼形成不全と股関節痛の関連が明らかに