メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

股関節OAの一因"FAI"の実態を検討

股関節学会が提唱した新しい診断指針を用いる

 2016年06月10日 07:00
プッシュ通知を受取る

 変形性股関節症(股OA)の一因となる可能性が高いとされる大腿骨寛骨臼インピンジメント(femoroacetabular impingement;FAI)に関する狭義の診断指針が日本股関節学会から提唱された。これまでの検討では、異なる診断基準を用いていることでFAIの罹患頻度にばらつきが見られ、疫学や股関節痛関連要因の検討が困難であった。そこで、大阪府立急性期・総合医療センター整形外科部長の西井孝氏らは、狭義のFAI診断指針を用いて、股関節症変化を有さない有痛性症例を対象に疫学的検討を行ったところ、FAIは男性に多く、CE角25°以上かつCross-over sign陽性を有するPincer型が多いこと、6カ月間の検討であるが症状軽快度が高かったことを、第89回日本整形外科学会(5月12~15日、会長=横浜市立大学整形外科教授・齋藤知行氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  股関節OAの一因"FAI"の実態を検討