メニューを開く 検索を開く ログイン

遺伝子+臨床リスクで乳がん再発予測向上

TAILORx試験の二次解析

 2019年06月19日 13:40
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 21遺伝子アッセイ(Oncotype Dx検査)で算出された再発スコア(RS)に、腫瘍サイズと組織学的グレードに基づき評価した臨床的リスクを組み合わせることで、早期乳がん患者の遠隔再発リスクの予測能を向上できることが、TAILORx試験の事前に計画されていた二次解析で示された。昨年発表された同試験の主解析では、Oncotype Dx検査が術後化学療法を回避できる患者の選択に有用であることが示され、乳がんの治療計画に大きな影響を与えた(関連記事:「21遺伝子アッセイで早期乳がんの過剰治療を回避」)。今回の二次解析の結果は、米・Albert Einstein College of MedicineのJoseph A. Sparano氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31日~6月4日、シカゴ)で報告。N Engl J Med2019年6月3日オンライン版)にも同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  遺伝子+臨床リスクで乳がん再発予測向上