メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  薬剤情報 »  FGF23に直接作用、ブロスマブが承認

FGF23に直接作用、ブロスマブが承認

パーキンソン病治療薬ロピニロールも

2019年09月24日 05:10

30名の医師が参考になったと回答 

 協和キリンは9月20日、線維芽細胞増殖因子(FGF)23関連低リン血症性くる病・骨軟化症を適応症としてヒト型抗FGF23抗体ブロスマブ(商品名クリースビータ)が承認されたと発表した。同疾患は活性型ビタミンDに治療抵抗性を示す低リン血症性くる病・骨軟化症で、ブロスマブは病因のFGF23に直接アプローチする初の治療薬。同日、パーキンソン病治療薬で血中薬物濃度を一定に保ち効果を持続させるロピニロール塩酸塩(同ハルロピテープ)も承認された。(関連記事「FGF23にアプローチするブロスマブを申請」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  薬剤情報 »  FGF23に直接作用、ブロスマブが承認