メニューを開く 検索 ログイン

FGF23にアプローチするブロスマブを申請

FGF23関連低リン血症くる病・骨軟化症で

2019年01月18日 15:40

4名の医師が参考になったと回答 

 協和発酵キリンは、抗線維芽細胞増殖因子(FGF)23完全ヒト抗体ブロスマブについて、「FGF23関連低リン血症くる病・骨軟化症」を予定適応症として申請したと、1月7日に公式サイトで発表した。同症はビタミンDを投与しても血中リン濃度が改善されないことから、「ビタミンD抵抗性くる病・骨軟化症」と呼ばれている指定難病。病因としてFGF23が今世紀初頭に突き止められ、FGF23にアプローチする初の治療薬として同社がブロスマブを開発した。欧米では昨年承認された。〔関連記事「【解説】遺伝性低リン血症治療薬burosumab」「【キーワード】FGF23」〕

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  FGF23にアプローチするブロスマブを申請

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD518582 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外