メニューを開く 検索 ログイン

新型コロナワクチン開発へ、半年で臨床試験

アンジェスと大阪大の共同

2020年03月05日 18:50

54名の医師が参考になったと回答 

 バイオベンチャーのアンジェスは本日(3月5日)、東京都で緊急の記者説明会を開き、大阪大学と共同で新型コロナウイルス(2019-nCoV)に対する予防用DNAワクチンの開発を始めると発表した。製造はタカラバイオが担当し、6カ月程度での臨床試験開始を想定しているという。アンジェスの創業者で大阪大学臨床遺伝子治療学教授の森下竜一氏は「オールジャパン体制で早期実用化を目指したい」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナワクチン開発へ、半年で臨床試験

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD524563 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外