メニューを開く 検索を開く ログイン

NASHの進展に歯周病菌が関与

 2020年03月13日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 口腔内細菌と全身の疾患の関連については、歯周病の原因菌の1つであるProrphyromonas gingivalis(PG菌)がアミロイドβの産生に関与すること、Neisseria flavescensなど特定の細菌種が多い口腔内細菌叢と口腔内アセトアルデヒド濃度には有意な正の相関が見られることなどが報告されている(関連記事「歯周病菌がアミロイドβを産生?」「口腔細菌が発がん性物質産生に関与か」)。広島大学大学院口腔顎顔面病理病態学教授の宮内睦美氏らの研究グループは、マウス実験により口腔から感染したPG菌が非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態を進行させることを明らかにしたとSci Rep2020; 10: 4134)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者2ケタ続く東京。どうすればいい?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  NASHの進展に歯周病菌が関与

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06524600 有効期限:6月末まで