メニューを開く 検索を開く ログイン

筋ジス治療薬ビルトラルセンが承認

国内企業初の核酸医薬

 2020年03月30日 17:35
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 国立精神・神経医療研究センターは3月27日、日本新薬と共同で開発したデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne muscular dystrophy;DMD)治療薬ビルトラルセン(商品名ビルテプソ)が、3月25日に厚生労働省から製造販売承認を取得したと発表した。加齢黄斑変性治療薬ペガプタニブ、脊髄性筋萎縮症治療薬ヌシネルセン、トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー治療薬パチシランと核酸医薬は国内で3品目が承認されているが、日本企業が承認を得たのは今回が初めて。(関連記事:「希少・難治性疾患を取り巻く現状」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  筋ジス治療薬ビルトラルセンが承認