メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

世界の成人の4割が機能性消化管障害

33カ国7万人超に診断アンケート

 2020年06月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 世界では成人の10人に4人がさまざまな重症度の機能性消化管障害(Functional gastrointestinal disorders;FGIDs)に悩まされている。イスラエル・Ben-Gurion UniversityのAmi D. Sperber氏らが、33カ国7万人以上を対象に実施したアンケートの結果をGastroenterology2020年4月14日オンライン版)で発表。インターネットでの調査によると、女性の49%と男性の37%がRome Ⅳ診断基準でなんらかのFGIDsに該当したという(関連記事「Rome Ⅳの改訂ポイントを解説」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  世界の成人の4割が機能性消化管障害