メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Rome Ⅳの改訂ポイントを解説

機能性消化管障害の新基準に

 2016年06月13日 07:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

鈴木氏 機能性消化管障害(FGID)の国際的な作業部会であるRome委員会によるRome Ⅳが、今年(2016年)5月の米国消化器病週間(DDW)で正式に刊行された。今後、FGIDの診断は新しい基準に基づくことになる。RomeⅣの新しいキャッチフレーズは「Disorders of Gut-Brain Interaction」。これにより、FGIDは消化管の末梢臓器だけの疾患ではないとされ、末梢に明らかな異常があり、それだけで病態が説明できる場合は器質的疾患に分類され、FGIDの定義から外れる。慶應義塾大学医学教育統轄センター教授の鈴木秀和氏にRome Ⅳの改訂ポイントについて解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  Rome Ⅳの改訂ポイントを解説