メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  不妊治療施設の9割で患者減、新型コロナで

不妊治療施設の9割で患者減、新型コロナで

2020年06月17日 17:28

3名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が不妊治療に及ぼす影響について、日本受精着床学会は不妊治療施設を対象に行った調査結果を6月初旬に公表した。COVID-19のパンデミック以降、9割近くの施設で患者数が減少したと回答し、診療時間の短縮、日数を減らす、または停止など診療を縮小した施設が全体の2割強に上っていた。日本生殖医学会が4月1日付で学会員に対し、妊娠時に使用できるCOVID-19予防薬や治療薬が開発されるまで不妊治療の延期を患者に提示することを推奨する声明を発表した影響もあるとみられる。こうした状況が長引けば、出生率に影響が出る可能性もありそうだ。(関連記事「新型コロナで不妊治療に『待った』」

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  不妊治療施設の9割で患者減、新型コロナで