メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナで不妊治療に「待った」

日本生殖医学会が延期推奨を提言

 2020年04月03日 17:17
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を引き起こす新興感染症として世界を震撼させている。世界保健機関(WHO)は3月11日にパンデミックを宣言し、日本でもCOVID-19の拡大、感染ルートが不明な患者の増加による感染爆発(オーバーシュート)が危惧されている。こうした状況を踏まえ、日本生殖医学会理事長の市川智彦氏は、同学会の会員に向け「不妊治療は、可能な限り延期を考慮すること」を推奨する声明を発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナで不妊治療に「待った」

error in template: found but mtif was expected