メニューを開く 検索 ログイン

新型コロナで不妊治療に「待った」

日本生殖医学会が延期推奨を提言

2020年04月03日 17:17

10名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を引き起こす新興感染症として世界を震撼させている。世界保健機関(WHO)は3月11日にパンデミックを宣言し、日本でもCOVID-19の拡大、感染ルートが不明な患者の増加による感染爆発(オーバーシュート)が危惧されている。こうした状況を踏まえ、日本生殖医学会理事長の市川智彦氏は、同学会の会員に向け「不妊治療は、可能な限り延期を考慮すること」を推奨する声明を発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナで不妊治療に「待った」

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD529901 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外