メニューを開く 検索を開く ログイン

ウェルナー症候群の難治性皮膚潰瘍に迫る

細胞老化と分化能異常が病態に関与

 2020年08月19日 05:15
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 ウェルナー症候群(WS)は常染色体劣性遺伝を呈する単一遺伝子による早老症で、わが国に2,000例存在すると推定されている。千葉大学大学院内分泌代謝・血液・老年内科学講師の前澤善朗氏は、第62回日本老年医学会(8月4~6日、ウェブ開催)でWSの臨床症候と細胞老化について講演。「WS患者由来の線維芽細胞とマクロファージは一般老化と共通する病態を有する一方、WS特異的なメカニズムとして足部に分化能異常が認められることが、WSで四肢の軟部組織に石灰化や難治性皮膚潰瘍が生じる原因と考えられる」と述べた。(関連記事「日本人に多い早老症、予後改善も早期診断が課題」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  ウェルナー症候群の難治性皮膚潰瘍に迫る