メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ニボルマブ、進行食道扁平上皮がんの二次治療で欧州承認

 2020年11月26日 17:49
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米・ブリストル マイヤーズ スクイブは11月24日、フルオロピリミジン系薬剤とプラチナ系薬剤による併用化学療法の治療歴を有する切除不能な進行・再発または転移性食道扁平上皮がんの成人患者の治療薬として、抗PD-1抗体ニボルマブが欧州委員会に承認されたことを発表した。同承認は、第Ⅲ相試験ATTRACTION-3の結果に基づく(関連記事:「オプジーボ、食道がんへ適応拡大を読み解く」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  ニボルマブ、進行食道扁平上皮がんの二次治療で欧州承認