メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

オプジーボ、食道がんへ適応拡大を読み解く

ATTRACTION-1/3から見た免疫チェックポイント阻害薬の有用性

 2020年03月31日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 今年(2020年)2月、抗PD-1抗体ニボルマブの食道がんへの適応拡大が承認されたことを受け、3月13日に日本食道学会ガイドライン委員会が、切除不能進行・再発食道がんに対する二次治療としてニボルマブ単剤療法をエビデンスレベルAとして推奨することを発表した。この承認の背景となったATTRACTION-1および3試験について、小野薬品工業とブリストル・マイヤーズ スクイブ社が3月23日に開催したプレスセミナーで慶應義塾大学消化器内科准教授の浜本康夫氏が解説した。なお、今回のセミナーは、新型コロナウイルスの感染拡大の問題を受け、ウェブ形式+電話会議方式で開催された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  オプジーボ、食道がんへ適応拡大を読み解く

error in template: found but mtif was expected