メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  メディアが報じない新型コロナの「問題」

メディアが報じない新型コロナの「問題」

2月14日に名古屋で医師らがイベント開催へ

2021年02月01日 18:04

217名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、遺伝子ワクチンのいずれにも「遺伝子」が関連している。だが、これらへの理解が足りないまま一般メディアでは「感染者数」や「死亡者数」ばかりが取り沙汰され、不毛な議論が繰り広げられていることは否めない。こうした中、統合医療クリニック徳院長(名古屋市)でウィスコンシン医科大学名誉教授の高橋徳氏が発起人となり、遺伝子について解説しながらSARS-CoV-2を取り巻く根本的な問題点や疑問点をパネリスト4氏が論じるイベントが、2月14日に名古屋市で開催される。「一般メディアではほとんど報道されていない事実を伝えるとともに、これを機に1人でも多くの医師が賛同してくれることを願っている」と語る同氏に、開催の経緯や背景について聞いた。

〔本記事に関する編集部からのお知らせはこちら〕

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  メディアが報じない新型コロナの「問題」