メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

緊急事態の延長要請を決定 東京都と関西3府県〔時事メディカル〕

 2021年05月06日 16:21
プッシュ通知を受取る

 東京都の小池百合子知事は6日、記者団に対し、11日が期限となっている新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について「解除できる状況ではない。延長が必要だ」と述べた。同日中に政府に要請する見通し。大阪府も同日、宣言の延長を国に要請することを正式に決めた。京都、兵庫両府県も延長要請する方向で最終調整する。

 小池氏は都内の感染に対し「予断を許さない」との認識を示し、商業施設などへの休業要請に関し「なかなか緩める状況にはない」と語った。首都圏1都3県の知事は同日、テレビ会議を開き、今後の方針を協議する。

 一方、大阪府は同日、新型コロナ対策本部会議を開催。吉村洋文知事は「大阪は感染者が1000人を超え、厳しい高止まりの状況が続いている。今回の宣言は延長をお願いせざるを得ない」と述べた。

 府では、5日現在の重症病床運用率が100%を超え、軽症・中等症病床も8割超となるなど医療体制が逼迫(ひっぱく)。専門家は「重症患者数のシミュレーションでは新規感染者数が(1日)400人を下回るのは5月下旬で、それまでは重症病床の増加が続く可能性がある」と指摘した。

ym2105003_pho.jpg

(2021年5月6日 時事メディカル)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナワクチンの職域接種、先生は接種に参加?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  緊急事態の延長要請を決定 東京都と関西3府県〔時事メディカル〕