メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  家庭血圧は再現性高いが定期的測定が必要

家庭血圧は再現性高いが定期的測定が必要

COSAC 研究

2021年10月26日 18:25

6名の医師が参考になったと回答 

 家庭血圧は自動診察室血圧(AOBP)、診察室血圧と比べて個々人の血圧の再現性が高い。帝京大学衛生学公衆衛生学講座准教授の浅山敬氏らが多施設共同観察研究COSACの結果を第43回日本高血圧学会(10月15~17日、ウェブ開催)で発表した。ただし、再現性は1年間隔で低下し、家庭血圧に影響を与える因子が多いことから、高血圧診療では家庭血圧の定期的な測定が重要だとしている。なお、結果の詳細はJ Hypertens2021年10月5日オンライン版)に掲載された。(関連記事「自動診察室血圧は家庭血圧の代替指標でない」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  家庭血圧は再現性高いが定期的測定が必要