メニューを開く 検索を開く ログイン

自動診察室血圧は家庭血圧の代替指標でない

日本高血圧学会

 2019年07月11日 17:05
プッシュ通知を受取る

49名の先生が役に立ったと考えています。

 日本高血圧学会は、家庭血圧の代替指標として通常の外来診察室血圧とは異なる自動診察室血圧(AOBP)を推奨しないとの見解を発表した(Hypertens Res2019年6月21日オンライン版)。AOBPは、収縮期血圧(SBP)120mmHg未満への厳格な降圧により、脳心血管イベントが抑制された米国のSPRINT ※1試験で用いられたことで、注目を集めた。しかし同学会の検討では、AOBP値は診察室血圧値との相関が比較的高かったものの、家庭血圧値とは乖離していることが分かったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  自動診察室血圧は家庭血圧の代替指標でない

error in template: found but mtif was expected