メニューを開く 検索 ログイン

ワクチン2回接種でコロナ後遺症が減少

イスラエルの横断研究

2022年01月25日 17:45

6名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの2回接種は、感染急性期以降も倦怠感や頭痛などの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)症状が遷延するLong COVIDの大幅な減少に関連することが、イスラエルの横断研究で示された。同国・Bar-Ilan UniversityのPaul Kuodiらが、2020年3月~21年11月にSARS-CoV-2の検査を受けた成人患者を対象とした質問調査の結果を、査読前論文公開サイトmedRxiv2022年1月5日オンライン版)に発表した(関連記事「急増するコロナ後遺症の実態」「コロナ後遺症"long covid"をレビュー」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  ワクチン2回接種でコロナ後遺症が減少

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543844 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外