メニューを開く 検索 ログイン

コロナ患者の血栓症診断、FMCが有望か

2022年06月06日 16:25

61名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者が拡大し始めた流行初期から、国内外で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の重篤な合併症として注目されている血栓症。千葉大学大学院呼吸器内科学特任教授の杉浦寿彦氏は、近年、血栓形成を反映する鋭敏な凝固分子マーカーとして注目されているフィブリンモノマー複合体(fibrin monomer complex:FMC)と静脈血栓塞栓症(VTE)発症との関連を検討。結果を第62回日本呼吸器学会(4月22~24日)で発表し、「FMCはCOVID-19に合併するVTEの早期診断に有効なマーカーとなりうる」と報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ患者の血栓症診断、FMCが有望か