メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  薬剤耐性問題、創薬促進・安定供給を

薬剤耐性問題、創薬促進・安定供給を

11月はAMR対策推進月間

2022年11月10日 17:38

802名の医師が参考になったと回答 

 薬剤耐性(AMR)が直接の原因となって死亡した人は、2019年に世界で127万人、AMR関連死は495万人と推計される(Lancet 2022; 399: 629-655)。国際連合は、このまま何も対策を取らなければ、AMR死亡者数は2050年には1,000万人に上ると指摘しており、その脅威は年々高まっている。日本製薬工業協会はAMR対策推進月間(11月)に当たり、同月8日にメディアセミナーを開催。出席した東邦大学微生物・感染症学講座教授の舘田一博氏は、抗菌薬の創薬促進・安定供給の重要性や抗菌薬の適正使用について訴えた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  薬剤耐性問題、創薬促進・安定供給を