メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  血液 »  毒ヘビの抗毒血清研究と北里柴三郎

毒ヘビの抗毒血清研究と北里柴三郎

破傷風研究から130年

2022年11月21日 16:01

783名の医師が参考になったと回答 

 聖路加国際病院(東京都)救急部医長の一二三亨氏は、毒ヘビの一種であるヤマカガシによる咬傷や治療法に関し臨床研究を行っている。同氏は、ヤマカガシ咬傷患者への抗毒素投与治療の流れと、血清療法研究の礎をつくった北里柴三郎の姿勢から受けた影響について第50回日本救急医学会(10月19~21日)で紹介した(関連記事「毒ヘビ咬傷の診断・治療ポイントは?」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  血液 »  毒ヘビの抗毒血清研究と北里柴三郎