メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  便中カルプロテクチン検査、有用性を臨床で確認

便中カルプロテクチン検査、有用性を臨床で確認

2023年05月11日 17:06

332名の医師が参考になったと回答 

 便中カルプロテクチン(fecal calprotectin;FC)は腸管内の炎症の程度と相関するため、炎症性腸疾患(IBD:潰瘍性大腸炎、クローン病)の診断補助マーカーとして医療現場で使用されている。厚生中央病院(東京都)中央検査科統括主任の赤塚貴紀氏は、自施設の健康診断受診者や外来患者を対象にFC濃度と各臨床検査値との関連を検討。その結果、免疫学的便潜血検査(FIT)、C反応性蛋白(CRP)、白血球数(WBC)などの値と相関しなかったことなどを、第51回日本総合健診医学会(1月27~28日)で発表した。今回の知見を踏まえ、「FC濃度の測定はIBDのスクリーニング検査として有用」と述べた(関連記事「潰瘍性大腸炎のステロイド依存を低侵襲予測」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  便中カルプロテクチン検査、有用性を臨床で確認