メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  潰瘍性大腸炎のステロイド依存を低侵襲予測

潰瘍性大腸炎のステロイド依存を低侵襲予測

バイオマーカーと腸管エコーで

2022年12月07日 16:41

465名の医師が参考になったと回答 

 バイオマーカーと腸管エコーを用いることで、潰瘍性大腸炎(UC)におけるステロイド依存を低侵襲に予測可能であることが分かった。北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センターの佐上晋太郎氏らは、ステロイド寛解導入療法を行ったUC症例を対象にバイオマーカーと腸管エコーを用いた低侵襲モニタリングを行い、ステロイド依存リスクを評価した結果を第13回日本炎症性腸疾患学会(11月25~26日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  潰瘍性大腸炎のステロイド依存を低侵襲予測