メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  タウ伝播を狙ったアルツハイマー病ワクチン

タウ伝播を狙ったアルツハイマー病ワクチン

大阪大学で開発中

2023年08月25日 13:53

239名の医師が参考になったと回答 

 アルツハイマー病(AD)はアミロイドβ(Aβ)とタウ蛋白質が10~20年かけて脳内に蓄積し、神経変性を来すことで起こる。主に支持療法と症状の進行を遅延させるコリンエステラーゼ阻害薬、N-メチル-d-アスパラギン酸(NMDA)受容体拮抗薬などの薬物療法が行われており、今年(2023年)1月に抗Aβプロトフィブリル抗体lecanemabが日本でも近く承認される見通しで、根本治療のへの期待が高まっている(関連記事:アルツハイマー病治療薬lecanemab、近く承認へ)。大阪大学大学院臨床遺伝子治療学寄付講座准教授の武田朱公氏は第13回日本脳血管・認知症学会(8月5日)で、同大学で行っているタウ伝播を標的としたADに対するワクチン療法の開発状況について解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  タウ伝播を狙ったアルツハイマー病ワクチン