メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  アルツハイマー病治療薬lecanemab、近く承認へ

アルツハイマー病治療薬lecanemab、近く承認へ

厚労省第一部会が了承

2023年08月22日 10:17

137名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は昨日(8月21日)、エーザイと米・Biogenが共同開発するアルツハイマー病(AD)治療薬lecanemabの製造販売承認を了承した。投与対象は軽度認知障害(MCI)および早期認知症の早期AD患者。今後厚生労働省が正式承認すれば、日本で初めてADに適応を有する薬剤となる。なお、米国では今年(2013年)7月6日に承認されている(関連記事:「米FDA、認知症治療薬lecanemabを正式承認」)。

 今回の了承を受け、両社は共同のステートメントを発表。「わが国のAD治療における大きな前進である」とした上で、「承認を待ち、ADの進行を抑制し、認知機能と日常生活機能の低下を遅らせることを世界で初めて示したlecanemabは、早期ADに対する新たな治療手段として当事者様に適確にお届けするよう全力を尽くす」としている。

(編集部)

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  アルツハイマー病治療薬lecanemab、近く承認へ