メニューを開く 検索を開く ログイン

キイトルーダ+化学療法をMSDが承認申請

 2018年05月01日 15:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 MSDは4月27日、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、ペメトレキセドおよびプラチナ製剤(シスプラチンまたはカルボプラチン)との併用療法において、PD-L1の発現率にかかわらず進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する一次治療としての国内での適応追加を申請したと発表した(関連記事:「キイトルーダ、肺がんの一次治療で新展開」「【解説】抗PD-1抗体+化学療法の意義」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

男性型脱毛症(AGA)で悩む人へ―

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  キイトルーダ+化学療法をMSDが承認申請

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12514130 有効期限:12月末まで