メニューを開く 検索を開く ログイン

潰瘍性大腸炎の"新たな自己抗体"を発見

 2021年03月17日 05:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 炎症性腸疾患(IBD)の1つである潰瘍性大腸炎(UC)は、大腸の粘膜にびらんや潰瘍を生じ、粘血便、下痢、腹痛といった症状を呈する慢性の自己免疫疾患である。腫瘍壊死因子(TNF)α阻害薬やヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬などの登場で薬物療法に進展が見られているが、その病態にはいまだ不明点が多く、根治療法も存在していない。そのような中、京都大学消化器内科学の桒田威氏らが、UCに特異的な新規抗体を発見したと発表。UC患者の90%超でインテグリンαVβ6に対する自己抗体が認められたと、Gastroenterology2021年2月12日オンライン版)に報告した(関連記事:「潰瘍性大腸炎に新薬が相次ぎ登場 」「潰瘍性大腸炎の病態メカニズムに『新説』」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  潰瘍性大腸炎の"新たな自己抗体"を発見