メニューを開く 検索を開く ログイン

潰瘍性大腸炎の病態メカニズムに「新説」

IL-26の関連を解明

 2020年08月13日 05:10
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 潰瘍性大腸炎(UC)は、激しい下痢や血便、強い腹痛、発熱などの症状が慢性的に見られ、増悪と寛解を繰り返す自己免疫疾患で、主な原因はまだ分かっていない。順天堂大学大学院免疫病・がん先端治療学講座特任助教の波多野良氏らの研究グループは、英・オックスフォード大学教授のAlison Simmons氏らとの国際共同研究により、UCの炎症にIL-26が関連しているという新たな病態メカニズムを解明。詳細をNat Med2020年8月3日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  潰瘍性大腸炎の病態メカニズムに「新説」