メニューを開く 検索 ログイン

高齢者の降圧目標めぐる論争に決着

STEP試験:中国人高齢者SBP 130mmHg未満目標群で有益性示す

 2021年09月07日 17:45
プッシュ通知を受取る

84名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢者高血圧の降圧目標をめぐるガイドライン(GL)間の混乱に終止符を打つか―。中国・Fu Wai Hospital/Peking Union Medical CollegeのJun Cai氏らは、中国人高齢高血圧患者8,500例超を対象に、心血管(CV)リスク軽減のための至適降圧目標を検証すべく、多施設ランダム化比較試験(RCT)STEP 1)を実施。診察室血圧(OBP)で収縮期血圧(SBP)110~130mmHg未満を目指した厳格降圧群では、130~150mmHg未満を目指した標準降圧群に比べて、主要評価項目であるCVイベントのリスクが26%有意に減少したと、欧州心臓病学会(ESC 2021、8月27日〜30日、ウェブ開催)で発表した。結果はN Engl J Med2021年8月30日オンライン版)に同時掲載された。2015年に発表された米国主導のSPRINT試験(Final Report:N Engl J Med 2021; 384: 1921-1930)を追認する成績であり、高齢者高血圧に対する「患者が忍容できれば積極的に降圧を図る」流れが加速しそうだ。(関連記事「降圧目標が変わる! AHA2015でSPRINT試験発表」「SPRINT試験の結果を日本の高血圧診療に生かす」)

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  高齢者の降圧目標めぐる論争に決着