メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  解説 »  SPRINT試験の結果を日本の高血圧診療に生かす

SPRINT試験の結果を日本の高血圧診療に生かす

楽木宏実氏に聞く

 2016年01月13日 12:00
プッシュ通知を受取る

楽木氏 脳卒中既往例や糖尿病患者などを除く心血管疾患(CVD)高リスクの高血圧患者を対象に,至適降圧目標を検証した大規模臨床試験SPRINTの結果が反響を呼んでいる。同試験では,現行の多くの高血圧治療ガイドライン(GL)が推奨する収縮期血圧(SBP)140mmHg未満を目指す標準降圧群に比べて,20mmHg低い120mmHg未満を目指す厳格降圧群において,心血管イベント25%,総死亡27%の有意なリスク減少が判明した(N Engl J Med 2015;373:2103-2116)。大阪大学大学院老年・総合内科学の楽木宏実氏は「臨床的に大きな意味を持つ」としつつも,「SBP 120mmHg未満,140mmHg未満という値を,そのまま日本の診察室血圧に当てはめて解釈してはならない」と注意を喚起する。SPRINTの結果を日本の高血圧診療に生かすポイントを,同氏に聞いた。

Systolic Blood Pressure Intervention Trial

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  解説 »  SPRINT試験の結果を日本の高血圧診療に生かす

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11038188 有効期限:11月末まで