メニューを開く 検索 ログイン

降圧目標が変わる! AHA2015でSPRINT試験発表

SBP 120mmHg未満目標群でイベント25%,総死亡27%の減少

2015年11月12日 13:08

AHA2015(米国心臓協会学術集会2015)

 降圧目標緩和の流れにあった最近の高血圧管理の在り方を一変させるランドマークスタディとして,9月の予備解析公表(関連記事)以来待望されていたSystolic Blood Pressure Intervention Trial(SPRINT)の結果全容が明らかになった。米・Tulane University Health Sciences Center教授のPaul K. Whelton氏が米国心臓協会学術集会(AHA2015;11月7~11日,オーランド)で発表したところによると,50歳以上の高リスク高血圧患者9,000例超において,収縮期血圧(SBP)120mmHg未満を目指した厳格降圧群では140mmHg未満を目指した標準降圧群に比べて,心血管イベント25%,総死亡27%の有意なリスク減少が明らかになったという。現在,米国心臓病学会(ACC),AHAなどが策定作業を進める「心血管疾患(CVD)初発予防のための高血圧治療ガイドライン(GL)」のみならず,再発予防関連の米GLや世界の高血圧診療GLにも大きなインパクトを及ぼすことになりそうだ。なお,同試験の結果はN Engl J Med 2015年11月9日オンライン版に同時掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  降圧目標が変わる! AHA2015でSPRINT試験発表

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで