コリネバクテリウム感染症の起炎菌種を探る

 近畿大学眼科学准教授の江口洋氏は第72回日本臨床眼科学会(10月11~14日)で、感染症の起炎菌になりうる眼表面に常在するCorynebacterium属と眼感染症との関係について解説した。菌種別に見ると最も多く分離されるC. macginleyiは起炎菌となっている可能性は低く、次いで多く分離されるC. oculiが起炎菌となる可能性が高いと指摘。また、炎症眼からC. macginleyi以外の菌種が多く同定されることからC. macginleyiとそれ以外の菌種に分けて検討することがCorynebacterium属の眼感染症を考える上で重要になると強調した。