メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  開業・事業承継サポート

開業・事業継承

関連コンテンツ

solution_140.png

第2回 クリニック密集地で開業したい!

 自宅近くにクリニックを開業したいのですが、クリニックが多くて密集地のようです。開業は可能でしょうか?...

わがまま開業をズバッと解決! | 2019.10.07 

solution_140.png

第1回 自己資金ゼロで開業したい!

 子供の教育費・受験費や住宅ローンの返済などがあり、クリニック開業の自己資金が捻出できません。自己資金なしでも開業できるのでしょうか?...

わがまま開業をズバッと解決! | 2019.09.20 

image

第3回 患者と医療者のどちらにも幸せを

 31歳で開業した成田学史氏。これから先、どのような人生を送りたいのか尋ねると、「自分が好きなことをやって生きていきたい...

31歳の僕が開業で実現する「医療改革」 | 2019.07.15

image

第2回 今までにない新しい病院づくり

 開業することを決めた成田学史氏。オープンまでの11カ月間、直前まで美容皮膚科医としての仕事と並行しながら一気に準備を進めた。物件・人材探し、仕入れなど、やるべきことは膨大で...

31歳の僕が開業で実現する「医療改革」 | 2019.07.06

image

第1回 スーパーカーに憧れ医学部に

 昨年(2018年)10月、JR大宮駅から徒歩4分のビル5階に、「ノワール大宮クリニック」がオープンした。性病と男性型脱毛症(AGA)・女性男性型脱毛症(FAGA)を専門とし、待合から完全個室。黒やグ...

31歳の僕が開業で実現する「医療改革」 | 2019.06.27

関連コンテンツ

No thumbnail

医療機関にもっとマネジメントを

マーケットは飽和傾向に近づき、廃業は増えている  医療機関の経営が厳しい時代だ。 クリニックの総数は10万軒を超えた。街じゅう至るところで見かけるコンビニエンスストアでさえも、5万5,000軒をようやく超えたところだ...

ハイズ株式会社 裵 英洙

No thumbnail

多忙な院長必読―人材採用の2つのポイント

人材の重要性を理解すれば離職率が低下する  「良い人材を採用するにはどうすればいいですか?」。先日とあるクリニックの人事担当者から相談を受けた...

ハイズ株式会社 加納 一樹、裵 英洙

No thumbnail

医療機関にとって効果的な広告、広報

経営のキモは「広報」にあり  診療所、病院の経営のキモは「広報活動」にある、と言うと「えっ?」と思う人もいるかもしれない。多くの医療従事者は、宣伝的なものに対する心理的抵抗があり、論文などのアカデミックな形式以外での情報発信があまり得意ではないように思う...

ハイズ株式会社 鈴木 裕介、裵 英洙

No thumbnail

職員のモチベーションを上げる人事評価

人事評価が職員のモチベーションを上げる! 「ウチの看護師はやる気がなくて...。どうしたらいいんだろうか」 「最初はモチベーションが高かった職員も、1年経つとすっかりおとなしくなってしまった」...

ハイズ株式会社 岩本 修一、裵 英洙

No thumbnail

開業に必要な3つの「決めるべきこと」

経営知識よりも大切なことがある  多くの勤務医は医療機関で臨床経験を積み、医師としての技術を磨いていく。そして、ある程度の年齢になると、勤務先病院でのポジションや医療技術の研鑽機会、自分の夢、老後、家族など、さまざまなことを考えてキャリアの岐路に立つ...

ハイズ株式会社 田中 利樹、裵 英洙

No thumbnail

人材紹介会社をいかに使うか

採用ゼロのリスクはないが、広告に比べ高額  医療機関からの相談で、必ず話題に上がるのが「人材採用」だ。特に、地方病院の採用担当者が頭を抱えている光景を目にすることが多い。クリニックの院長の場合、臨床業務の時間を割いて人材採用を自ら行っている人も多いはずだ...

ハイズ株式会社 加納 一樹、裵 英洙

No thumbnail

退職希望者とのコミュニケーション

職時、本当の理由は明かされない  どこの医療機関でも職員の"退職問題"で頭を悩ませている。そこで、今回は退職希望者への対応について述べたい。現在、日本には病院が8,000以上、クリニックが10万以上あり、医療職にはかなり大きな労働市場が存在する...

ハイズ株式会社 鈴木 裕介、裵 英洙

No thumbnail

開業に必須のマーケティングとお金の話

 開業の進め方を取り上げた前回の記事(「開業に必要な3つの『決めるべきこと』」参照)では、開業に向けた心の準備や概況などをお伝えした。今回は、より技術的な問題について説明したい...

ハイズ株式会社 裵 英洙

No thumbnail

その待ち時間対策、間違っていませんか?

「待ち時間」は患者の不満の第1位  多くの診療所経営者は、患者からの不満対策・クレーム対応に日々頭を悩ませている。その中でも、患者の不満の上位に来るのが「待ち時間」に関するものだろう。厚生労働省の2014年受療行動調査によると...

ハイズ株式会社 裵 英洙

No thumbnail

医療経営の観点で考える地域連携

地域連携室にはエース級の人材を配置しよう  地域医療連携が必要不可欠な時代だ。医療の高度化が進み、平均寿命が延びたことにより、複数疾患を抱える高齢患者が多くなった。今後の複雑な医療ニーズに対応するためには、個々の医療機関の取り組みだけでは不十分で、地域における多様な医療機関がお互いに手を取り合い(連携)、患者を"面"で支えなければならない。

ハイズ株式会社 加納 一樹、裵 英洙

No thumbnail

再診患者をいかに獲得するか

1:5の法則―クリニックを支えるのは再診患者である  今回はクリニックの経営の基盤となる、再診患者の獲得方法について説明したい。「1:5の法則」とはマーケティング用語で、新規顧客を獲得するには、既存顧客の5倍のコストがかかるという法則のことだ。新規顧客を獲得するには広告料がかかるが、再診の場合はそのコストがゼロになる。病態を既に把握しているので、1回当たりの診察時間は初診時に比べて短くて済む場合が多い。

ハイズ株式会社 鈴木 裕介、裵 英洙

No thumbnail

医療機関にもっとマネジメントを

マーケットは飽和傾向に近づき、廃業は増えている 医療機関の経営が厳しい時代だ。 クリニックの総数は10万軒を超えた。街じゅう至るところで見かけるコンビニエンスストアでさえも、5万5,000軒をようやく超えたところだ※。クリニックはほぼその倍である。

ハイズ株式会社 裵 英洙

ホーム »  開業・事業承継サポート